トラブルヘキサゴンSAFE会員からの提言 第9回SAFE学術大会

SAFEとは

アイコンSAFEとは

インプラントにおけるトラブル症例の原因とリカバリーを検証するスタディグループ
SAFEとは、「Sharing All Failed Experiences」の略。
インプラントのトラブル体験を多くの先生方で共有する事によって、より安全で安心できるインプラント治療を実践しようという思いからSAFEがスタートしました。
現在のSAFEの活動は、1年に一度の学術大会と、2ヶ月に一度の定例会を行っております。

ご挨拶


野阪泰弘
 近年、インプラント治療のトラブルは社会問題に発展し、トラブルの原因とリカバリーを検証することは急務と考えられます。しかし、インプラント治療は生体の反応を利用しているためトラブルの原因には不明な点も多く、補綴学、歯周病学あるいは口腔外科学など様々な方面から原因を解明する必要があります。
 インプラントシステムなどの垣根を越えてトラブルの原因を解明する必要があり、トラブル症例を検証する会として発足した会がSAFEです。

米澤大地
 2007年頃から構想が始まり、2008年に第1回SAFEが新大阪にて発足しました。十数人の関西の著明な先生にご賛同頂きスタートしました。それぞれが臨床の疑問、トラブルを持ち寄り、それによりディスカッション主体の勉強会が始まりました。勇気を出してトラブル症例提示した演者に対して、おのおのがジェントルな発言で、真相の究明の為、自由に発言する会が成熟して行きました。
 多くの先生のご参加が広がり、大きな推進力を得、これを皆の役に立てないかという思いで2012年第1回総会を大阪で行い、大盛況のうち終える事ができました。
 定例会はメンバーの紹介があればどなたでも入会出来ますので、志高い歯科医師、技工士、衛生士はぜひ、ご参加下さい。
入会資格
1.トラブル症例を提示する事
2.提示症例、演者に対してジェントルな発言に留意する事
3.ここでの意見、発言を外に持ち出さない事
4.トラブル症例を提示する事の出来る歯科医師、技工士、衛生士
5. 会員の紹介者2名
定例会
場所: 株式会社アイキャット 5Fセミナー室 (2015年8月例会から変更)
大阪市淀川区西中島3-19-15 第3三ツ矢ビル
日時: 毎年 2月,4月,6月,8月,10月,12月 第3水曜日 20時~
連絡先: 米澤歯科醫院 yonezawadental@gmail.com

アイコンSAFE学術大会

SAFE 第1回総会
SAFE 第2回総会
SAFE 第3回総会
SAFE 第4回総会
SAFE 第5回総会
SAFE 第6回総会
SAFE 第7回総会
SAFE 第8回総会

アイコンSAFE学術大会 東京

SAFE学術大会 東京

アイコン書籍のご案内

SAFE 第1回総会
SAFE Troubleshooting Guide Volume1 機械・構造的合併症編 大型本
寺本 昌司 (著), 山羽 徹 (著), 奥野 幾久 (著), 平山 富興 (著), 伊藤 雄策(著), 大月 基弘 (著), 岡崎 英起 (著), 高橋 恭久 (著), 瀧野 裕行 (著), 中島 康 (著), 中田 光太郎 (著), 野阪 泰弘 (著), 畠山 善行 (著), 松田 博文 (著), 宗像 源博 (著), 吉竹 賢祐 (著), 米澤 大地 (著), 和田 誠大 (著)
内容紹介
合併症のトラブルシューティングシリーズ第一弾!
本書は、インプラント治療におけるトラブルを機械・構造的合併症に絞り込み、インプラント体、アバットメントスクリュー、アバットメント、上部構造スクリューそれぞれの破折について解説。
特筆すべきは、他院から来院した患者の"これだけ見れば100%判別可能! インプラントレスキューのための16項目"は既存の判別法を超越している。
他院からのインプラント難民に頭を悩ませている歯科医師必見!
出版社からのコメント
国内外を代表するインプラントメーカー20社のインプラント実物写真およびアバットメント連結X線写真を一覧表で掲載。
インプラントシステム判別に役立つこと間違いなし!
SAFE 第2回総会
SAFE Troubleshooting Guide Volume 2 患者由来性合併症編 大型本
中島 康 (著, 監修), 松田 博文 (著, 監修), 高橋 恭久 (著, 監修), 佐々木 秀典 (著, 監修), 和田 誠大 (著, 監修)
内容紹介
本書はインプラント治療における患者由来性のトラブルを、全身疾患・薬剤投与・成長および加齢・習癖・コミュニケーション・局所状態に起因するトラブルに細分化して解説している。
さらに巻頭特別企画では、糖尿病患者へのインプラント治療の際に歯科医が留意すべきポイントを糖尿病専門医が詳解。
巻末には最新(2017年2月時点)の骨粗鬆症治療薬一覧も掲載した、これからの超高齢社会に目を向ける歯科医師必携の一冊。
出版社からのコメント
22のトラブル症例を扱う本書では、実際に起きたトラブルの状況を示し、その具体的な対処方法や対処結果を詳述。
各症例に関連する文献考察を元に、症例解説や同様のトラブルを未然に防ぐためのアドバイスを掲載した。
 
SAFE 第3回総会
SAFE Troubleshooting Guide Volume 3 外科的合併症編 大型本
野阪 泰弘 (著, 監修), 米澤 大地 (著, 監修), 十河 基文 (著, 監修), 宗像 源博 (著, 監修), 堀内 克啓 (著, 監修)
内容紹介
本書はインプラント治療における外科的合併症を、解剖学的・インプラント埋入・抜歯後即時埋入・歯槽部骨造成術・サイナスリフト、ソケットリフトのトラブルに細分化し、日々の臨床で起こりがちな30症例について解説している。
さらにスペシャルサプリメントでは、インプラントによる下歯槽神経麻痺や異常出血などをまとめ、巻末特別企画では歯科用CTやシミュレーション/ガイドの最新情報が満載されている。
インプラントのトラブルに悩む歯科医師必携の一冊。
出版社からのコメント
30症例を掲載した本書では、実際のトラブルについて、対処とその結果を示し、予防策を提案している。
また巻頭特別企画では、サイナスフロアエレベーションにおける手術併発症の予防と対応について詳述している。
 
SAFE 第4回総会
SAFE Troubleshooting Guide Volume 4 補綴・技工的合併症編 大型本
本多 正明 (著, 監修),伊藤 雄策(著, 監修),大森 有樹(著, 監修),山脇 将貴(著, 監修),田中 一茂 (著, 監修),丸尾 勝一郎 (著, 監修),一柳 通宣(著, 監修)
内容紹介
本書はインプラント治療における補綴・技工的合併症を、クラウン・ブリッジ、アバットメント、オーバーデンチャー、咬合、欠損補綴設計・治療計画、デジタルデンティストリーのトラブルに細分化し、日々の臨床で起こりがちな29症例について解説している。
今回は特に補綴・咬合の大家である本多正明先生の約40年の臨床経験エッセンスが、長期的観点で至る所に散りばめられている。
より予知性の高いリカバリー方法や予防策を学べる一冊となっている。
出版社からのコメント
"術者が嫌だと思う"インプラント治療の再介入を何度も経験してきたベテランの著者らが、その予防策を長期的観点および最新レビューを踏まえながら、惜しげもなく披露している!
SAFE 第5回総会
SAFE Troubleshooting Guide Volume5 審美的合併症編 大型本
中田 光太郎(著, 監修),瀧野 裕行(著, 監修),南 昌宏 (著, 監修),岡﨑 英起(著, 監修),小田 師巳(著, 監修),平山 富興(著, 監修),金子 潤平(著, 監修),園山 亘(著, 監修)
内容紹介
本書はインプラント治療における審美的合併症を、患者選択および治療計画、埋入ポジション、インプラント周囲の硬・軟組織、インプラント補綴装置、リカバリーに細分化し、画一化しにくい審美症例30ケースを解説した意欲的1冊。
さらに、巻頭特別企画「現在のインプラント審美の到達点」では、臨床医4名による審美的アプローチが奏功した症例をグラビア特集。インプラント審美を日夜追求する歯科医師に贈るバイブル。
出版社からのコメント
審美領域のインプラント治療は、非常に難易度の高い分野である。
これまで成功例しか語られなかったインプラント審美について、SAFE会員が勇気を出してトラブル症例とトラブルシューティングを提示した画期的1冊。
SAFE 第6回総会
SAFE Troubleshooting Guide Volume 6 生物学的合併症編 単行本
大月 基弘(著, 監修),?奥田 裕司(著, 監修),?和田 誠大(著, 監修),中居 伸行(著, 監修),中島 康(著, 監修),畠山 善行(著, 監修),横谷 亜希子(著, 監修)
内容紹介
インプラントトラブルをシェアし検証するSAFEのTroubleshooting Guide最終巻! その6巻は、インプラント治療においてもっとも難解で治療しにくい生物学的合併症をテーマに。 インプラント周囲粘膜炎、軽度から重度に至るインプラント周囲炎、さらにはインプラントポジション、あるいはインプラントシステム側などが原因の医原性インプラント周囲疾患について、実際のトラブル症例を提示しながらその改善方法について詳述する。

出版社からのコメント
巻頭は、大阪大学大学院歯学研究科准教授の和田誠大氏が2017年のアメリカ歯周病学会およびヨーロッパ歯周病連盟の「インプラント周囲組織の疾患と状態の分類」など最新エビデンスに基づきインプラント周囲疾患を解説。

参考(アマゾン):
https://www.amazon.co.jp/SAFE-Troubleshooting-Guide-6